スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

子ども会ジュニアリーダー企画による環境施設見学会開催!

9月24日(土曜日)、「エコタウンはっさむ」の構成団体の一つである発寒地区子ども会のジュニアリーダーが企画し、子どもたちを案内する環境施設見学会を昨年に引き続き開催しました。
今年の見学施設は円山動物園。事前に発寒地区内の3つの小学校(発寒南小、発寒西小、西小)の5年生312人に行ってみたい環境関連施設についてアンケートを行い、最も希望が多かったことから動物園に決定しました。
8時40分に発寒福祉会館に集合し、阿部実行委員長の挨拶のあと、バスに乗り込み出発。
動物園では、辻田副園長が出迎えてくれ、「絶滅危惧種の保護ばかりでなく、太陽光発電やペレットボイラーの活用など、環境に優しい取り組みもしています。今日は一日、動物園を楽しんでいってください。」とご挨拶をいただきました。

■辻田副園長の挨拶
副園長挨拶

10時からは、3つグループに分かれて活動を開始。ボランティアガイド4名がそれぞれのグループに分かれ、園内の施設や動物の生態などについて、1時間半にわたって楽しくわかりやすく説明をしてくれました。
「ダチョウの卵はニワトリの卵の20~30個分、夫婦交代で卵を温めます。」、「シロクマの地肌は黒色で、体毛は白く見えますが実は透明なんです。寒い所に住んでいるので太陽の光をたくさん集められるようにそうなってます。」など、教えてもらわなければわからないことをガイドさんが詳しく教えてくれました。
「カメの甲羅は丈夫だけど、どれぐらいの高さから落としたら壊れるのか?」と言う質問をした小学生もおり、ガイドさんが答えに困ってしまった場面も・・・・。

■ダチョウの説明
ダチョウ

■シロクマの説明
シロクマの説明

■ヒグマが立ち上がった!
ヒグマ

■タッチパネルでもお勉強!
タッチパネルでお勉強

昼食後は、グループごとに自由に園内を見学しました。最後に出される動物園エコクイズの答えを探しに、みんな真剣に園内を見ていました。

■動物科学館の太陽光発電パネル
動物科学館パネル

■オオカミ舎の太陽光発電パネル
オオカミ舎パネル

■動物科学館内のペレットボイラー設備
ペレットボイラー

1時間ほどの自由見学のあとは、動物科学館前に集合して、「動物園エコクイズ」を実施。
手をあげて答えてもらい、みんなで今日勉強したことをおさらいしました。
 
■動物園エコクイズ!
動物園エコクイズ!

■ボランティアガイドさんと一緒に記念撮影
ガイドさんも入って記念撮影
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

sidetitleプロフィールsidetitle

ek

Author:ek
FC2ブログへようこそ!

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle最新トラックバックsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitleQRコードsidetitle
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。