スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ダンボール箱を使った「生ごみ堆肥化講習会」を開催!

 6月27日(月)、中央プロパン阿部商会の空き店舗を借りて、ダンボール箱を使った「生ごみ堆肥化講習会」を実施しました。
 今年で4年目ですが、18人が参加され、会場はほぼ満員。
 講師は、昨年もお願いした「循環(くるくる)ネットワーク北海道」の佐藤順子さん。
 佐藤さんは、自宅でもダンボール箱で生ごみ堆肥化を実践しており、どんなものが堆肥になりやすいかをいろいろと箱に入れて研究しています。
 最初に生ごみ堆肥化の方法として、コンポスターやダンボールを使う方法、密閉式容器を使う方法などの説明があり、その後、ダンボールの組み立て方や中に入れる基材、入れても良い生ごみの種類や一日に入れる量、ダンボール箱の管理の仕方などを実例をまじえて、わかりやすく説明してくれました。
 また、「無駄な食材を買わない、食材は最後まで使い切るなど、ごみの発生を極力抑制することが大切」、「それでも余った生ごみは堆肥にして楽しみながらリサイクルしましょう」と環境とお財布にやさしい生活の意義を教えてくれました。
 最後に、意見交換の時間を設け、「旅行に出かけるときはどうしたらよいか?」、「完成した堆肥は、どのように保管すればよいか?」などの具体的な質問にも丁寧に答えていただき、あっという間に1時間30分の出前講習会が終了しました。
 講習会終了後は、参加者にダンボール箱に入れる堆肥化基材セットと「エコタウンはっさむ」が今年、発寒大空公園の落ち葉を発酵させてつくった堆肥を配布。
 簡単に作れる堆肥化用ダンボール箱も1つ200円で販売し、すぐに堆肥化を始めたい参加者が購入する姿も見られました。
 地域の皆さん一人ひとりがごみ減量を意識し、出来るところから取り組んでいただくことで、環境にやさしいまちづくりが進んでいくことを願っています。

■阿部実行委員長から挨拶
CAWCK74P.jpg

■佐藤講師の熱心な説明
CA2K3O8Z.jpg


■ダンボールで作った肥料も実際に見てもらいました!
CA8F53RA.jpg


■生ごみ堆肥化は資源の再利用(リサイクル)になります!
CAONP9YH.jpg


■最後に堆肥化基材セットと落ち葉堆肥を参加者にプレゼントしました!
CAUN4XY2.jpg
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

sidetitleプロフィールsidetitle

ek

Author:ek
FC2ブログへようこそ!

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle最新トラックバックsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitleQRコードsidetitle
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。